私のオタク活動における主な出来事と、オタクの印象と、コスプレで学んだ化粧について。

[私のオタク活動における主な出来事]
2008年頃からオタクが集うイベントに参加しはじめる。

2012年に北九州市漫画ミュージアムのオープニングスタッフをして、より一層マンガアニメに関心を持つ。


2014年のハロウィンで、オタクイベントをよく開催していた方と偶々雑談する。それからちょっとしたステージやラジオに呼んでもらうようになり、その人の活動に協力していこうと決める。

2016年、その人が亡くなる。真剣にオタクやオタクイベントについて考える様になる。だけど結局、人を選ぶ趣味としか言い様がなかった。

 

[オタクの印象]
・オタクの半数は、美形キャラクター好きと暴力表現好きな気がする。マンガアニメから美形キャラクターと暴力表現を除いたら、オタクもマンガアニメの人気も半減するのではなかろうか。
・オタクは自己顕示欲が強いと感じる。
・オタクは極悪非道でも聖人君子でもない。

 

[コスプレで学んだ化粧について]
@はじめに@
メイクはヘアスタイルやファッションと同じで、自分に似合う、又は自分好みの化粧をする事みつける事が大切だと思う。あと乾燥肌や脂性肌など体質で用法用量に差がでる、それと肌荒れは個々の体質が違うので対策が難しい。

@私のメイク4要点@
髪型、眉毛、睫毛、肌。

@好きな化粧品@
・パウダーファンデ(セザンヌ ウルトラカバー)
・リキッドファンデ(レブロン カラーステイ)
・フェイスパウダー(三善ソフトベールパウダー・チャコット)
・コンシーラー(三善グリースペイント・セザンヌキャンメイク)
・アイブロウ(三善ペンシル)
・つけまつげ。まつげ美容液。まつげ育毛剤。マツエク。